陸前高田市へ行ってまいりました。今回も、キリガヤさんの被災支援活動に同行させていただきました。
 
仮設住宅では、洋服ダンスさえもなく、扉ではなくカーテンで仕切られた押し入れが唯一の収納スペースです。支援物資などにより、少しずつ増えていく物が雑然と床に置かれ、住む人の居住空間を圧迫していました。屋根裏がない仮設住宅では、押し入れの上部には広いスペースがありますが、そこまで高く物を積み上げられるわけもありませんでした。
Picture
http://mainichi.jp/photo/news/20110627k0000e040008000c.html

天袋の場所に位置する棚の設置は、きっと仮設住宅にお住いの皆様に重宝されることでしょう。
また、無機質な素材で作られている仮設住宅の中で、棚板の木材は、木の香りとも相まって、なんとも温かみが感じられます。

大工さんたちは、事前に準備した資材をトラックに積み、逗子を土曜日の夜遅くに出発。朝8時ころに被災地に到着し、すぐに作業を始められました。
この日はあいにくの雨。外に張られた小さなテントの中で、棚板を濡らさぬよう作業をされた大工さんたちは、レインコートの中まで雨と汗でびしょ濡れでした。

今回、96戸のお宅に棚板を設置するために熟練の大工さんたちが黙々と作業に専念されていました。
翌日も午前中に作業を続け、昼過ぎに被災地を出発し、逗子へは夜11時ころに到着しました。
本当に、お疲れさまでした。



今回のキリガヤさんの支援活動が毎日新聞に掲載されました。

写真に写っているお宅は、家族9人で、仮設住宅にお住いなんです。
ご家族みんなが大の字で寝られるようになったでしょうか?
 


Comments

06/01/2012 08:40

Appreciate your data

Reply



Leave a Reply