Picture
5月30日(月)。陸前高田市の小学校にて5年生、6年生を対象に英語の授業を実施しました。


私たちの実行委員会の代表である井上アンナは鎌倉の小学校、中学校でALTとして英語を教える仕事をしています。被災地で、もっとも必要とされている支援を提供したいと、いう彼女の熱意と、キリガヤさん、他、多くの方々の協力により、英語の授業による、子どもたちとの交流の機会を得ることができました。

Picture

アンナ先生による英語の授業は、子どもたちが楽しみながら英語を習得できるように効率よく工夫されています。授業の始まりでは、やや緊張していた児童生徒たちでしたが、次第に授業に引き込まれ、最後には「もっと、英語を勉強したい!」と、名残惜しそうでした。
5年生と6年生の皆さんには、授業時間の最後に愛の袋をお配りしました。鎌倉子どもチャリティ・イベントで、多くの方々の善意により集められた物資であること、袋の中身は、それぞれ異なることを説明しました。均一でない袋に入っていた中身を交換し合う交渉も、子どもたちにとっては楽しみの一つになるようです。

Picture

授業の最後に、子どもたちから歌のプレゼントがありました。

「翼をください」 歌詞より

今、私の願い事が、かなうならば、翼が欲しい
この大空に翼広げて飛んでいきたいよ
悲しみのない、自由な空に、翼はためかせ、行きたい





女子:男子=1:5
という、割合での、ボーイ・ソプラノを活かした素晴らしい合唱でした。中には肉親を亡くしている児童もいます。
その美しく澄んだ歌声に、その場にいる私たちは笑顔でいる努力を惜しみませんでしたが、こぼれてしまう涙を止めることは、できませんでした。




Leave a Reply.